Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

 

こんにちは

大慶堂漢方薬局の杉田です!

 

 

 

今回はがんの誘発原因のひとつである飲食物についてお話します。

 

飲食物はがんの発生と深く関わっていて、飲食物ががんの

 

原因の3分の1を占めると言われています。

 

 

 

 

まず塩分です。塩分をたくさん摂ると潰瘍が出来やすくなり、

 

そこに発がん物質が触れると胃がんなどの原因になります。

 

 

 

次は脂肪です。脂肪を摂り過ぎると胆汁酸の分泌を増やし、

 

大腸がんの原因になります。

 

 

 

また脂肪は女性ホルモンであるエストロゲンを

 

増やすため乳がんの原因にもなります。

 

 

 

アルコールはその通り道に強い刺激を与えるところから口

 

腔がんや食道がん、胃がんなどの原因になります。

 

 

 

食品添加物やカビなどの中には、発がん性が強く疑われるものが多くあります。

 

最近言われているのは、牛乳・乳製品・糖質です。

 

これらを摂りすぎるとインシュリンや、インシュリン様成長因子が増加し

 

細胞増殖や血管新生・がん細胞の転移を促進させてしまいます。

 

また、ブドウ糖はがんの直接の餌になります。

 

肉類の食べ過ぎも悪玉菌を増やし、腸を汚し、免疫力を低下させます。

 

くれぐれも摂取する量に注意をして頂ければと思います。

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約