Blog

ブログ「大慶堂通信」

後藤良次の季節の養生

 

漢方薬局の後藤です。

 

夏本番で毎日暑い日が続いております。

 

ビールが一番おいしく感じる時期ではないでしょうか。

 

今回はお酒を飲み過ぎた時におススメの健康食品木鶏丹についてお話しします。

 

木鶏丹は、昔から満州族に愛用されている雲子(うんし)とマンシュウグルミの樹皮である核桃楸皮という

 

生薬でできています。

 

東洋医学では体の状態を良くするには扶正袪邪が必要と考えます。

 

扶正とは体の自然治癒力を助け強くすることです。

袪邪とは体を悪くする原因を取り除くことです。

 

木鶏丹に入っている二つの生薬もそれぞれに働いてくれます。

 

雲子は袪邪扶正の働きを併せ持つ生薬で

 

肝臓の解毒代謝肝機能を助けると同時に

 

肝臓の働きを悪くする余分な熱や湿気を取り除いてくれます。

 

核桃楸皮は主に袪邪の働きをする生薬で、体にこもった熱や湿気を取り除いてくれます

 

二つの生薬によって肝臓の働き、アルコール代謝が良くなり、

 

二日酔いの原因となる熱や湿気が取り除かれるので

 

飲み過ぎた時も翌日体調が楽になります!

 

image1 

 

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談