Blog

ブログ「大慶堂通信」

男性の更年期障害ってあるの?

男性にも更年期障害はあります。

漫画家の故はらたいらさんが

「はらたいらのジタバタ男の更年期」

という本を書いています。

そこにこんなことが書かれています。

思い通りにならない、身体と心。

今までの価値観が全部ひっくりかえされるほど

つらい日々。

最初の頃は、どうしてこんなことになってしまったのか、

全く理解できず、毎日落ち込んで過ごしました。

どうしようもないくらいイライラが続いて、

激しく家族に当たったりもしました。

しかし、ある時

「今僕を苦しめているのは、更年期なんだ」

と分かったのです。

敵の姿が見えたことで、僕の気持ちは

だいぶ楽になりました。

 

はらたいらさんが調子が悪くなり始めたのは

49歳の時だったそうです。

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

今回は男性更年期障害についてご紹介します。

 

男性更年期のはらたいらさんの症状は

集中力が続かなくなるところからはじまりました。

漫画家という仕事柄、毎朝必ず何紙もの新聞に

目を通していましたが

それができなくなってしまったようです。

その他に

常につきまとうだるさ

集中力や気力の低下

周囲への無関心

体力の低下

自己嫌悪

めまいや立ちくらみ

そして、ある日とうとう倒れて

病因に担ぎ込まれるまでに追い込まれてしまいました。

病因では過労と診断されました。

でも自分自身ではどうしてもただの過労だとは

思えませんでした。

体が重い通りにならずイライラして落ち込み

とうとう鬱状態にまでなってしまいました。

そんな時、ある女性編集者から

「はらさん、もしかして更年期じゃない?」

と言われ

原因がわからないという不安感を克服することが

できました。

それが長いトンネルと抜け出すきっかけになります。

 

自分の不調の原因がわからず

病院に行っても診断がつかず

病気の難民となって苦しんでいる方が

とても多くいらっしゃいます。

その一つの原因に

男性更年期障害があります。

 

何回かに分けてお話したいと思いますが

今回は「男性更年期とは何か?」について

お話します。

 

男性にも更年期があると言われ始めたのは

1990年代の欧米先進諸国でのことでした。

その中心課題はED(勃起不全症候群)でした。

その後研究が進み、

EDは男性更年期の症状の一つであり

もっと大きい問題として理解するようになりました。

男性更年期の原因は

男性の熟年期におけるホルモン濃度の低下であり

それが、

精神的トラブル、肉体的な低下も起こすことがわかりました。

西洋医学の治療はテストステロンという

男性ホルモンの補充になります。

しかし、最近男性更年期の原因は

年齢に伴うホルモン低下だけではないことが

分かってきました。

帝京大学の泌尿器科で

各年代の男性のホルモンバランスの検査を

したところ

60代の男性より

40~50代の男性のほうが

ホルモンが減っているという結果が出ました。

60代のほうが衰えているはずなのに

現役世代のほうが悪い結果になっている!

なんでなのでしょう?

これは、ホルモンの分泌に関しては

肉体的な衰えよりもストレスのほうが

影響が大きいことを示しています。

実際、ストレスがなくなると

数値的にホルモン分泌は上がります。

60代の方が良い結果だったのは

肉体的にはさほど衰えていないところで

退職してストレスが減ることで

ホルモンが増加した結果なのです。

ホルモンの数値に影響するほど

ストレスがあった場合

当然、精神的な症状が出てきます。

特に日本人男性の男性更年期障害の症状は

イライラや不安感、気力の低下など

精神面にでることが多いと言われています。

 

男性更年期が見逃されやすい病気です。

不定愁訴で診療所に行くと

ほてりやめまい、不整脈の症状を相談すれば

自律神経失調症や心身症と診断され

心療内科や神経科に行くように言われます。

強い不安感や不眠、抑うつ症状を相談すれば

精神科を紹介されます。

どれか一つの症状から、

全体の不調をきちんと聞き出し

男性更年期と診断されることは

まだまだ少ないのです。

 

また、男性更年期の発見を遅らせる大きな要因が

男性自体が自分の不調を認識しないことです。

「弱音を吐くのはみっともない」

「疲れても疲れたと言えない」

「男は男らしくしていないといけない」

「うつ状態になっても自分の精神力のせいにする」

このような意識が病気の発見の邪魔になったりします。

病気の発見が遅れればそれだけ症状は悪化してしまいます。

問題は小さいうちに解決しておけば

被害は最小限ですみ、

快適な日々はすぐに戻ってきます。

日々自分の体に起こっている不調と

まずは向き合ってみてください。

 

次回は男性更年期障害と漢方について

少しお話したいと思います。

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約