Blog

ブログ「大慶堂通信」

新型コロナウイルス感染症にいい漢方と予防はできる??

新薬がない今、COVID-19に対して少しずつわかってきたがあります、WHOが発表していることや、世界中の医師が経験を教えてくれています。その中に、

肺だけでなく、他の臓器や免疫系もウイルスの攻撃対象になること、そして例え軽症だったとしても急激な症状の悪化をたどることがあると言うことです。

敵を知ることは対処法が考えられるのでとても重要な事です。

そして・・・

例えアビガンを使う時でも漢方を使った方が経過が良いと言う情報も入ってきました。

 

今回のCOVID-19の本質は

『湿』と『熱毒』と言うこともわかって来ました。

この二つの意味ですが、

「湿」が体にある時の特徴は、浮腫む、舌は真っ白、だるい、そして特徴としては、ネバネバしてしつこく、治りが遅い

「熱毒」が体にある時の特徴は、熱い、舌は赤く、喉や様々なところに炎症が起きる、喉が渇く、咳が出るなどです

なので、最初発熱や、微熱でも肺に湿と熱邪が入り込み、段々と呼吸が苦しくなることが見られます。

そして、それに対する漢方処方ですが、

 

特に利用されている生薬は

石膏、麻黄、杏仁、甘草、金銀花、連翹、薄荷、かっ香、紅景天、

大黄、魚せい草、板藍根、牛蒡子・・・等

 

これらを、まとめて日本にある漢方で考えると

私的には

 

1、『麻杏甘石湯』まきょうかんせきとう

をメインに

2、「銀曉解毒散」ぎんぎょうげどくさん

3、「板藍根」ばんらんこん

 

の3セットを早めに服用することです。

ポイントは特に、服用が早ければ早いほどいいということです。

もし、ホテルでの隔離になった場合もぜひこの三点セットを持って行って欲しいです。

 

その他、

『麻杏甘石湯』まきょうかんせきとう

に、

「小柴胡湯」しょうさいことう

「五苓散」ごれいさん

「麻黄湯」まおうとう

を加える4点セットをおすすめしている日本の医師もいらっしゃるので、今、どちらのセットも人気です。

 

この中で、一番今手に入りにくいのが、「板藍根」です。

こちらは予防にも使えることから人気です。その他の漢方は予防で使うものではありません。

でも、症状があった時は、なるべく早めに服用された方がいい事も分かっています。

また、武漢で治療にあたった医療チームの医師が予防に飲んでいたものは

麦味参顆粒や、人参製剤とのことでした。補気してエネルギー補充して

治療にあたったそうです。なので、今麦味参顆粒もとても人気商品です。

 

一番、体質にあったものをご紹介致します。

分からない点はご連絡下さい。

薬の配送もできますので、お問い合わせください。

 

薬剤師

岡理絵

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約