Blog

ブログ「大慶堂通信」

素晴らしい本との出会い

先日あるお医者さんが書かれた本を買いました。この本に書いてある

 

内容がとても気に入ったので、ご紹介して行きたいと思います。

 

著者は船戸クリニックの船戸崇史先生です。医科大学卒業後外科医に

 

なり、いろいろな病院にて外科技術を習得されました。専門は消化器

 

腫瘍外科。

 

しかし,メスではガンに勝てないと悟り、せめて在宅で最後を看取る

 

お手伝いができたらとクリニックを開業。以来、西洋医学のみなら

 

ず、東洋医学、ホリスチック医学などを取り入れて診療されていま

 

す。

 

この本にはいろいろなことが書かれていますが、私がまず皆様にお伝

 

えしたいことはトマトの生命力のところです。

 

1985年、「科学万博つくば」の政府テーマ館に出店された「トマ

 

トの樹」のことです。

 

これを出展された野澤重雄さんは、一言「私は自然の力を信じていま

 

すから」と申されました。

 

さて皆さんはトマトを栽培されたことがありますか。ミニトマトでは

 

なく普通のトマトですが、一本の木に通常は40~60個ほどの実が

 

なるのだそうです。

 

野澤さんは、一切の化学肥料を使うことなく、遺伝子組み換えもせ

 

ず、普通の種に普通の肥料を使いました。ただし、根が自由に生え

 

るために水の中に根を生やし、根詰まりを避けるため空気を流しま

 

した。幹が倒れるのでネットで支え、温度を適温に保つため温室に

 

しました。

 

また脇芽は切らず、とにかく「トマトが良いようにする」と徹底的に

 

環境を整備しました。さて、何個のトマトがなったと思われますか。

 

答えはなんと13000個以上です。

 

通常の250倍以上もの力が、一粒のトマトの種に内蔵されていたこ

 

とになります。にわかには信じ難いでしょうが、事実です。

 

(次回 私、杉田がお伝えしたいことをお話します)

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約