Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガン。偏った療法に陥る人々Ⅱ

⑵家族や他人の治療観、体験に支

配されていませんか?

身内や親しい人が、標準治療で苦

しんで苦しんで苦しんだ末に亡く

なった体験が、自身の治療選択に

影響することがあります。

その体験から病院不信・医者不信

になっていると、治療の説明を聞

く前から否定的に身構えてしまい

ます。

また、家族による洗脳・支配と推

察される事例もあります。

無治療を続けていた乳ガン患者さ

んは、お会いした当初、本人の意

志で治療しない道を選ばれている

と思っていました。ガンの病巣は

皮膚を突き破り、たびたび大量の

出血で救急搬送もされました。

しかしある時、彼女が告白したの

は「発病直後、私は手術をするつ

もりでした。でも主人が難色を示

し、異議を唱えたのです」

彼女は3年に及ぶ壮絶な闘病を経

て他界しました。

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談