Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガン治療の止め時

大慶堂漢方薬局の杉田です。

いつもご覧頂きましてありがとう

ございます。

今日は、平成31年4月22日の続き

です。

加えて、判断に悩むのが治療の止め時

です。

医師の立場からすると、よほど患者さん

の体調が悪くならない限り、治療しない

という判断は困難です。

医師にしかできない治療を施すという、

医師としてのアイデンティティに反し

てしまう意識があるのでしょう。

そして抗ガン剤は、治療法が限られて

いるなか、中止する判断が医師にも

難しいと言われています。

医師は医学の専門家ですが、けっして

あなたの人生の専門家ではありません。

あなたの命の「最高責任者」でもあり

ません。

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談