Blog

ブログ「大慶堂通信」

理想的な美肌はどんな肌?

理想的な美肌の条件を頭文字をとって

 

「う・つ・な・は・だ・け」と覚えなさい

 

と皮膚病専門の中医師の先生に教わりました。

 

「う」は潤い

 

「つ」は艶

 

「な」はなめらかさ

 

「は」は張り

 

「だ」は弾力

 

「け」は血色です。

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回は中医学で考える理想的な美肌について

 

お話ししたいと思います。

 

美肌作り = 丈夫な肌作りです。

 

中医学の皮膚病治療では

 

最終段階で美肌作りをすることで

 

皮膚病の再発を防ぎます。

 

ではどのように美肌をつくるのか?

 

最初に美肌は「「う・つ・な・は・だ・け」

 

とお話ししました。

 

「潤い」は津液

 

「艶」は気と津液

 

「なめらかさ」は気と血と津液

 

「張り」は気

 

「弾力」は気と津液

 

「血色」は血

 

がそれぞれ必要です。

 

美肌に必要な良質な気・血・津液は

 

内臓の働きが要になります。

 

良質な気・血・津液を食べ物から作るのが胃腸

 

良質な血を蓄えて皮膚に供給するのが肝臓

 

水分代謝によって良質な津液を常にリサイクルして

 

作りだしているのが腎臓です。

 

美肌作りには胃腸、肝臓、腎臓などの

 

臓腑の働きが要になります。

 

中医学での美肌作りはこれらの臓腑の機能を

 

良くする漢方薬を使って行います。

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約