Blog

ブログ「大慶堂通信」

「ガン」と「慢性炎症」

いつもご覧頂きましてありがとうございます。今日は「慢性炎症」

についてお話します。

慢性炎症とは、本人も気付けない程の弱い炎症のことです。長く続く

炎症で、ガンや動脈硬化の原因になります。

慢性炎症の原因としては、①糖質過剰の食事、②オメガ6系やトランス

脂肪酸などの悪い油、③ストレス、④加齢などです。

慢性炎症を起こさせないためにやるべきことは、①糖質を控える、

②悪い油は摂らないようにし、抗炎症作用のあるオメガ3系の油を摂る、

③太りすぎに気をつける(ダイエットは最強の抗炎症薬と言われています)

などです。

お問い合わせ
カウンセラー予約
スカイプ相談