Blog

ブログ「大慶堂通信」

秋燥ってなに?

中医学の言葉で、秋特有の乾燥した空気を秋燥と言います。

 

 

ひんやりと乾燥した空気は喉の乾燥や違和感の原因になります。

 

 

 

 

 

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

 

 

最近喉が乾燥してなんだか風邪を引きそうだな(>_<)

 

 

と思う事がよくありませんか?

 

 

乾燥した空気は体に影響を与えるので

 

 

中医学では燥邪といいます。

 

 

特に秋は季節を通して乾燥するので秋燥という言葉があります。

 

 

乾燥によって喉がヒリヒリ、イガイガして

 

 

痛くなったり、痒くなったりすると

 

 

咳がでて風邪だと思う。

 

 

これは燥邪によって起こる喉の粘膜の異常反応です。

 

 

 

 

中医学では乾燥で喉の調子が悪くなったり咳が出る原因を

 

 

2つの側面から考えます。

 

 

1つは外因といって外からの影響です。

 

 

つまり秋燥の燥邪によるものです。

 

 

2つ目は内因と言ってその人の身体を潤す力に着目します。

 

 

真夏にたくさん汗をかき、消耗してしまうと体が乾燥し

 

 

潤す力自体も体力と共に無くなってしまいます。

 

 

これが秋に乾燥に身体が弱くなる原因の一つです

 

 

どちらに着目して手当をするかはそれぞれの状況で判断します。

 

 

喉や鼻などの症状が急に出るときは、1つ目の外因を取り除くのが

 

 

得意な漢方薬で対応します。

 

 

 

なかなか治らず長引く場合は体を元気にして

 

 

自らの力で潤すことが出来るようにする漢方薬で対応します。

 

 

一般的な風邪薬で改善しない場合は

 

 

乾燥状態を改善する必要があるかもしれないですね!

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから