Blog

ブログ「大慶堂通信」

病気の向きってなに?

漢方では病気の向きを考えて治療方法を選びます。

病気の向きとは

.

上にあがっているか下にさがっているか

.

外に向かって発散しているか、内側にこもっているか

の4つのパターンがあります。

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

体の症状は様々ですが、それをどう解釈するか

とても難しい場合があります。

そんな時に一つの物差しになるのが

病気の向きで考える方法です。

四つに分けて考えます。

①上にあがっている状態を升証

②下にさがっている状態を降証

③外に向かって発散している状態を散証

④内側にこもっている状態を収証

と言います。

では、それぞれの状態の具体的な症状について紹介します。

まず①升証(上にあがっている状態)

上がると困るものが上がり、下がるべきものが下がらないために

起こる状態をいいます。

上半身は暑いのに下半身冷えている、上半身のぼせ、怒りっぽい、

いらいら、不眠、体力無しの疲れ知らず

喉の異物感、目の充血、喘息、耳鳴りなどです。

漢方薬は上半身の熱を冷ましたり、

上にあがってしまった気を降ろす効果のあるものを使います。

➁降証(下にさがっている状態)

下がっては困るものが下がったり、上がるべきものが上がらないために

起こる状態を言います。

いつもだるい、いつも横になりたい、体力ありの元気なし

眠い、尿量が多い、下痢、オリモノ多い、月経量多いなどです。

漢方薬は気を上にあがるのを助ける効果のあるものを使います。

➂散証(外に向かって発散している状態)

出ては困るものが出たり、出るべきものだけど出過ぎるために

起こる状態をいいます。

多汗、寝汗、不正出血、嘔吐、下痢、おりものが多い、

月経量が多い、尿量が多い、気が散って集中できないなどです。

漢方薬は出過ぎてしまったものを補うものや

出ては困るものを出ないように、

引きしめて改善する効果のあるものを使います。

➃収証(外に向かって発散している状態)

出さなきゃ困るものが出ない、または満足に出ない

ために起こる状態をいいます。

汗が出ない、生理が来ない、便秘、尿量減少

体温上昇、発熱、発疹、頭痛、蓄膿症などです。

漢方薬は発汗させるものや、

気の巡りを良くするものを使います。

以上四つの病気の方向についてのお話でした。

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約