Blog

ブログ「大慶堂通信」

太りにくいパンの食べ方🍞

パンと言っても種類は沢山!

原料も様々です。

食べ方を一工夫すればOK(*^-^*)

 

こんにちは、さんあい薬局

ダイエットカウンセラー 高橋です。

 

今日はパンが大好きな人へ

太りにくい食べ方のご紹介です(*^-^*)

 

まずパンは太るのか?

ご飯は炊く時にお米とお水しか使いません。

パンは小麦にお砂糖、バターを使います。

その分ご飯よりは太りやすくなってしまいます。

 

更にパンに合うものといえば

バター、ジャム、クリーム、ベーコン、マヨネーズ、チーズなど

甘いものや、脂質の多いものになってきますよね💦

 

腹もちも悪いのですぐお腹も空いてつい間食してしまいがち。

 

甘い菓子パンやクロワッサン、バターロールなどは

糖質も脂質も多いので太りやすいパンになってしまいます。

 

太りにくいパンは

糖質、脂質が少なく噛み応えのあるハード系のパンです。

原料が小麦粉でないものがよりおすすめです(*^-^*)

米粉やライ麦、玄米パン、雑穀パン

ベーグルは小麦粉と水が主な材料で、

バター、牛乳、卵などが使われないません。

しかも焼く前に茹でるのでどっしり食べごたえがあるのに

低カロリーでおすすめです(*^-^*)

 

フランスパンは、小麦粉、塩、水、イーストのみで作られているので

カロリーも低めでヘルシーなパンです(o^―^o)

 

ここでポイントがもう一つ

痩せる食事の基本は

まごわやさしいこ
ま…豆類
ご…ごま
わ…ワカメ(海藻類)
や…野菜
さ…魚
しい…しいたけ(きのこ類)
こ…酵素

 

パンだけでは栄養が偏ってしまいます。

 

毎日たべるような人はなおさら

スープや、サラダ、などでビタミン、ミネラル、たんぱく質

プラスしてあげるとバランスもとれるし

腹もちもよくなりますよよ(*^-^*)

 

なにか足すともっとカロリーが高くなって

太るんじゃないかとと思う方がいるかも

しれませんが高カロリーな甘いパンだけで一食に

してしまうと脂肪になりやすくなってしまいます。

 

食べた糖質や脂質を上手くエネルギーに変えてくれる

栄養を足してあげた方がダイエットになるんですよ(*^-^*)

 

パンを食べる時にちょっと

参考になれば嬉しいです(*^-^*)

 

 

<ダイエット相談ご希望の方>

まずは初回無料カウンセリングの

ご予約をお願い致します。

ネット予約はこちらから

 

さんあい薬局 048-573-9331

Googleマップで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約