Blog

ブログ「大慶堂通信」

就寝前と後で体重が変わらないのはなぜ?

代謝が低いからです☆

夕飯や睡眠時間でも変わってきますよ!

こんにちは、さんあい薬局

ダイエットカウンセラー高橋です(*^-^*)

皆さん、体重っていつ測定していますか?

夜寝る前とか、朝トイレを済ませて1番体重の少ない時間に体重計に乗ってる方が多いようですが

皆さん大体1日1回の方が多いですね(*^^*)

いつも同じ時間に1回の測定の人は

違う時間に体重計に乗るとびっくりすると思います(*^-^*)

体重って500ml水分とれば体重も500g増えるし

食事をすればその分体重が上がります。

おトイレ行けばその分減ります。

測定する時間で体重が違うのは当たり前なんです(*^-^*)

 

ダイエット相談のお客様には1日4回測定して頂いてます。

さて就寝前(おトイレの後)と起床直後(おトイレの前)で

自分の体重の1割落ちているのが理想なんですよ♪

50kgの人は-500g

60kgの人は-600g

体は寝ている間に日中使った細胞の修復作業をしています。

寝ている間は空腹の状態なので

自分の脂肪を切り崩してエネルギーにします。

代謝された脂肪は汗や二酸化炭素(呼吸)で排出されるので

朝、体重が落ちます。

寝てる間に体重が落ちる人は代謝がいいです♡

逆に体重が変わらないような人

日中動いていないので修復作業がいらない。

修復作業するだけの栄養が日中取れていない(量ではなく、栄養→ミネラル、たんぱく質など)

胃に食べたものが残っている状態で寝た(修復作業より消化作業が優先されます)

22時-2時のゴールデンタイムに寝ていない(何時間寝たかではありません)

冷えている、ストレスがあるなどなど。。。

低代謝

寝ている間に体重が落ちないのは体質ではなく

食生活を変えたらで変わるかもしれませんよ(*^^*)

日中は食べた分はあがっていいんですよ♪

寝て起きて前日の朝と同じくらいの体重に戻ていればOK!

逆にいつも日中体重が上がらないような人はきっと寝て起きても下がりません💦

 

 

太った痩せたは体重が増えた減ったではありません☆

動画はこちらから

 

<オンラインダイエット塾始めました!>

詳しくはこちらから←

048-577-7311
大慶堂 営業企画部
担当カウンセラー:高橋(なお)

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約