Blog

ブログ「大慶堂通信」

柿食う秋♪

こんにちは(`・ω・´)

さんあい薬局の飯塚です(*´ω`*)

今日は「」のお話です♪

e54m_9731

柿は甘柿と渋柿があり、

熟すと甘くなるのが甘柿

熟してもなかなか渋みがとれないのが渋柿です

渋柿も干せば甘みが増すことは

皆さんご存知ですよね(*´ω`*)

渋みの原因となるのがシブオールというタンニンです。

このシブオールは水溶性の為、

食べると唾液に溶け出して渋みを感じるんですね( ;∀;)

甘柿にもシブオールは含まれているのですが

熟すと水に溶けにくくなる為

渋みを感じずに食べれるのです✨

一方渋柿は熟しても不溶性にならない為に

なかなか渋みが抜けないんです💦

渋柿を渋抜きする際に焼酎などのアルコールに漬けるのは

シブオールが水に溶けださないようにする為です

栄養価としては甘柿・渋柿共に

「柿が赤くなると医者が青くなる」

といわれるほど栄養価が豊富で、

ビタミンC・βカロテン・カリウムが特に

多く含まれています。

しかも干し柿になると

100g当たりのカロリーは約4倍、

干すことによってビタミンCは減りますが

ビタミンAが増加します

ちなみに柿は二日酔いにも良いと言われていますが

これはアルコールを分解してくれる成分の

カタラーゼがふくまれるからだと言われています

お肌が気になる方以外にも

お酒を飲まれる方は

お酒を飲んだ後に柿を食べると良いかもしれませんね(*´ω`*)

さんあい薬局

048-573-9331

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約