Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガンに負けない食事②

大慶堂漢方薬局の杉田です。

 

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

3月5日の続きです。

 

【グリコーゲンを使わないでエネルギーをつくる】

 

◆ 脂肪が燃焼するとケトン体が出来る

 

解糖系の基本的なエネルギー源は糖質(炭水化物)ですが、血中

 

のブドウ糖が不足した時は肝臓に蓄えられているグリコーゲンが

 

ブドウ糖に分解されて血中に送られます。

 

肝臓に蓄えられているグリコーゲンは、一般男性で約100gです。

 

運動などをしていると約3時間でなくなってしまいます。

 

肝臓にグリコーゲンが無くなった場合、筋肉などにあるタンパク質

 

からつくられたブドウ糖がエネルギーとして使われます。

 

それでも足りなかった場合、脂肪を燃焼させてATPを産生するよう

 

になります。

 

体内の脂肪は、脂肪分解酵素リパーゼの働きでグリセロールと脂肪

 

酸に分解され、グリセロールはブドウ糖に変換されてエネルギー源

 

になり、脂肪酸はミトコンドリアでさらに分解されてATP産生に使

 

われます。

 

ブドウ糖が枯渇して脂肪酸が燃焼するとき、肝臓ではケトン体ができ

 

、このケトン体がエネルギー源として利用されるのです。

 

人は眠っている間にも生命活動をしていますが、肝臓のグリコーゲン

 

は3~4時間でなくなってしまうので朝まで持ちません。

 

そこで筋肉のタンパク質を使ってブドウ糖に変換されますが、これも

 

限界がありすぐになくなってしまいます。

 

そこで登場するのがケトン体回路で、ここで作られたエネルギーで朝

 

までぐっすり眠ることが出来るわけです。

 

このケトン体のおかげで私たちは1~2日何も食べなくても大丈夫な

 

のです。

 

そしてこのケトン体がガン消滅に役立つのです。

 

 

杉田

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約