Blog

ブログ「大慶堂通信」

糖質制限ってどうなの?

糖質制限は短期間では効果があるものの

 

その後はダイエットに関してはリバウンドしやすかったり

 

体に対してストレスが大きかったりなどデメリットが

 

あるようです。

 

 

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回は糖質制限についてお話したいと思います。

 

 

 

2008年、医学誌

 

「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」

 

にイスラエルの研究で糖質制限食を6年追跡調査した結果が

 

掲載されています。

 

それによると、

 

糖質制限食は最初ダイエット効果が大きく

 

開始してから半年で7kg近くやせる

 

という結果がでています。

 

しかし、半年後をピークに糖質制限食は

 

減量効果が薄らいでいくのです。

 

2年経過すると4.7kg

 

6年後は1.7kg

 

とどんどん元の体重に戻ってしまう

 

結果となっています。

 

糖質制限は開始半年以内での減量効果は明確ですが

 

リバウンドも激しい!

 

1年を過ぎると体重が急速に元に戻ると

 

報告されています。

 

 

次に、「アメリカ医師会ジャーナル」に

 

報告されたボストン小児病院の研究結果によると

 

糖質制限食では

 

①善玉コレステロールの上昇

 

②インスリン感受性の改善

 

③中性脂肪の低下

 

の成績が優れており

 

メタボリックシンドローム(生活習慣病)

 

の予防・改善に役立つ可能性を示している

 

と考えられると報告されています。

 

しかし、この研究では

 

糖質制限食のデメリットの報告もあります。

 

それは

 

①ストレスホルモンである尿中コルチゾールの

排泄が多くなる

 

②CRPの値(体に炎症がある時に高くなるタンパク質)が

高くなる

 

という結果です。

 

糖質制限は善玉コレステロール、中性脂肪、インスリン感受性の改善

 

が見られる半面、

 

ストレスと炎症が高くなり体に負担がかかってしまう

 

という報告でした。

 

また、糖質制限食は試しても

 

長続きしないというデータもあります。

 

糖質制限が短期間では効果があるものの

 

長期間にわたって続けられなかったり

 

リバウンドしたりするというのは

 

体へのストレスが影響しているのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

中医学でも甘味は気持ちを緩めたり

 

体の気や血を補う働きがある

 

と考えます。

 

糖質は体質的にも精神的にも大切なものです。

 

ダイエットにおいては脂肪を燃やすための

 

ガソリンの様な働きをしてくれるので

 

適度に良質な糖質を摂る事で

 

脂肪の燃焼が良くなります。

 

 

リバウンドしにくく

 

精神的にも、体質的にも

 

バランスの良い体を作る為に

 

良質な糖質は大切な栄養素だと思います。

 

では、良質な糖質とは何でしょう?

 

自然のもので

 

糖質以外に

 

ミネラルやビタミンを豊富に含んだものです!

 

できればより良質なものが摂れると

 

体のバランスも良くなります!

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談