Blog

ブログ「大慶堂通信」

抗ガン剤、医師の「効く」と患者さんの望む「効く」との違いⅡ

大慶堂漢方薬局の杉田です。いつもご覧

頂きましてありがとうございます。

今日は昨日の続きです。

ですから、一度「著効」「有効」という

効果が得られても、未来永劫その効果が

継続する保証は無いのです。

ガンのサイズの変化(消失・縮小)だけ

でなく、5年生存率、無再発期間なども

治療効果の指標に用いられますが、それ

もガンの増殖抑制、縮小が前提となりま

す。

患者さんが元気に日常生活を送ることを

「治癒」と設定し、そのために「効く」

治療を受けるのであれば、ガンが小さく

なることを目指す治療を続けることが、

必ずしも望みを叶えるものでない場合

もあるのです。

医師の仕事は、病気を治すこととお考え

の方は、ご自身がイメージする「治る」

と、どのくらい隔たりがあるかを確認

してください。

※抗ガン剤の使用・中止についての

参考書

『抗ガン剤10の「やめどき」』

長尾 和弘著(ブックマン社)

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談