Blog

ブログ「大慶堂通信」

卵管閉塞は漢方で治るの?

卵管閉塞には繊毛細胞癒着、粘液栓、線維性閉塞など

 

 

いくつかのタイプがあります。

 

 

線維性閉塞の場合、漢方で改善は難しいですが

 

 

繊毛細胞の癒着や粘液栓の場合は

 

 

漢方で改善が期待できます。

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

 

今回は不妊症の原因の一つである卵管閉塞について

 

 

お話したいと思います。

 

 

まず卵管が閉塞する主な原因は

 

 

➀ホルモンバランス乱れ

 

 

→ 卵管の運動は女性ホルモンが関係しています。

 

 

卵管の収縮にはエストロゲン(卵胞ホルモン)

 

 

卵管の拡張にはプロゲステロン(黄体ホルモン)

 

 

が関係しています。

 

 

この二つのホルモンがバランスよく分泌されることで

 

 

卵管は正常に動きます。

 

 

またこの女性ホルモンの働きを抑えてしまうのが

 

 

プロラクチンというホルモンです。

 

 

プロラクチン値が高ければそれを改善する必要があります。

 

 

➁細菌やウイルス感染による炎症

 

 

→ 性行為、流産、人工流産、産後感染などで

 

 

細菌やウイルスが卵管に行ってしまい

 

 

そこで炎症が起きると卵管閉塞の原因になります。

 

 

➂子宮内膜症

 

 

→ 子宮内膜症は子宮内膜が子宮以外で増殖する疾患です

 

 

卵管で増殖してしまうと卵管閉塞の原因になります。

 

 

中医学では生理痛の状態、おりものの状態、生理不順の有無

 

 

基礎体温、全身の自覚症状、感染症の可能性などを確認し

 

 

漢方薬を選びます。

 

 

相談の症例では、両側卵管閉塞と診断された方が

 

 

漢方を飲んで自然妊娠した例がございます。

 

 

 

漢方の治療にご興味のある方は

 

是非一度いらしてください。

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談