Blog

ブログ「大慶堂通信」

普通の大根より切干大根の方が栄養価が豊富!?

大根を乾燥させた切干大根は水分が少ない分、

カリウム、カルシウム、マグネシウムなど

多くの栄養素が凝縮されていると

言われています。

 

こんにちは

さんあい薬局の飯塚です。

11月~12月に向けて

旬となっていく大根。

 

冬に欠かせないおでんやお鍋の

定番の具材ですよね✨

 

最も多く出回っているのは「青首大根」といわれる種類で

今は1年を通じてスーパー等に並べられていますが、

寒い時期のほうが甘味がありみずみずしく、

春~夏に出回るものは辛味が強いです。

 

葉の部分にビタミンなどの栄養も入っているので

捨てずに食べるのがおすすめです。

葉付きで買った場合、葉が根の水分を奪ってしまうため、

切り分けて保存した方良いです。

 

根の部分には消化を助け、胃腸を整える成分を含むので、

食べ過ぎや胃もたれには大根おろしが

おすすめです。

 

そして切干大根ですが、

同じ量の生食の大根に比べ、

骨や歯を丈夫にするカルシウムは15倍、

悪性貧血を予防する作用がある鉄分は32倍、

代謝を促進するビタミンB1・B2は10倍

と言われています。

 

そして食物繊維も豊富で、

水を吸って膨らむので

ダイエットにもおすすめの食材でもあります✨

 

おやつに切り干し大根っていうもの良いかもしれませんね(*^^*)