Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

                大慶堂漢方薬局の杉田です。

                このお話はがんをどのように克服して

                いくか。

                克服の仕方の選択をして頂くためです。

                一番ストレスのかからない選択をして

                頂きたいのです。ストレスのかかる

                選択では克服が難しい場合が多いか

                らです。

                それでは4月14日の続きです。 

                

                この病気の物指しの目盛りは、どんな

                イメージを患者さんに想起させる

                でしょうか? がんと告げられた多く

                の方は「恐怖」「死」「絶望」と言

                ったネガティブで不安なイメージを

                持たれます。なぜなら、現代医学の

                がんの定説は「がんは無限に増え続け

                死に至らしめる手ごわい病気だ」と

                いうことなっているからです。

                がんは生命を脅かす憎き悪者ですから

                発見次第一刻も早くがんを消すこと、

                小さくすることを治療の目的とします。

                がんが無くなれば生き残れる、無くな

                らないと身に危険が迫る。

                つまり病気の物差しは、「消える・消

                えない」「治る・治らない」という二極

                化思考の物差しです。

                #がん #難病 #慢性病

                  

                

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約