Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田浩のがん相談

 

 

 

 

 

今日はがんの誘発原因として大きなウエイトを占める

 

ストレスについてお話します。

 

ストレスはだれでもありますし、

 

ある程度あった方がいいのですが、

 

程度を超えると大量の活性酸素を発生させてしまいます。

 

そしてこの活性酸素が体のあちこちに炎症を起こし、

 

遺伝子をも傷つけるためがん細胞を

 

発生させるきっかけとなります。

 

 

 

 

 

またストレスは自律神経やホルモンの働きにも

 

大きな影響を与え、これらの機能を乱し、

 

免疫を低下させてしまう事になります。

 

実際、体にある程度以上のストレスが掛かると、

 

活発にがん細胞を攻撃していた免疫細胞が

 

急に攻撃をやめてしまいます。

 

ストレスがどれ程がんの発生・増殖に関わっているか

 

分かっていただけると思います。

 

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約