Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のガン相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。いつもご覧頂きましてありがとうございます。

4月8日の続きです。

 

過剰に治療してしまう傾向は、どんなケースなのでしょうか?

 

⑴治療方針・治療中止は医師が決めるものと思い込んでいないか?

医師が勧める治療は、したほうがいいに決まっている‼とは決まって

いない。

 

前述のように、ガン種別、進行具合別に治療のガイドラインが設定さ

れています。病院では学会や系列大学が定めた治療法が施されます。

それらは、原則としてガンの状態を見極めて判断されます。

大きな基幹病院は診療機関でありながら、研究機関でもあります。あ

る治療法がどのくらい効果を得られるのか?データを集積することも

求められます。ですからともすると、研究の都合を視野に入れた治療

になる場合もあり得るのです。

 

(お伝えしたいこと)

ガンをはじめ多くの難病は、漢方でいう「腎」の機能低下

がおおきな原因のひとつなっています。

腎の機能を維持するためには、ミネラルをしっかりと摂る

必要があります。腎はミネラルをたくさん必要とするから

です。

ミネラル補給には、木の実、黒ゴマ、海藻などがおすすめ

です。

お問い合わせ
カウンセラー予約
スカイプ相談