Blog

ブログ「大慶堂通信」

胃腸に負担の少ない物って何?

胃腸に負担のかからない食事のポイントは

 

煮物、和食、腹八分目です!

 

 

 

 

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

 

前回、病気にならない飲食の考え方として

 

中国では1700年前から認識されており

 

もっとも重視していたことは

 

「胃腸に負担の少ない物を摂る」ことだという

 

お話を致しました。

 

今回は、具体的に「胃腸に負担の少ない物を摂る」事について

 

お話したいと思います。

 

 

 

 

まず、胃腸に負担がかかる食べ物ですが

 

①甘い物、油ものや肉類、洋食、加工食品は消化吸収しにくい

ので消化不良の原因になります。

 

②生ものや冷たい物は胃腸を冷やして消化吸収障害を起こしやすい

ので消化不良の原因になります。

 

胃腸に負担のかかるものは、胃腸の調子が良くない時は避けたり、

 

続いていて胃腸が疲れているときは、控えて胃腸を休ませてあげること

 

が大切です。

 

 

 

では、胃腸が疲れてしまったとき、どうやって休ませてあげればいいのか?

 

食養生の先生が「食べる断食」をお勧めしていました!

 

「食べる断食」とは、季節の野菜や穀類、植物性の物を9割又は10割

 

にして、揚げ物や甘い物、動物性のものをしばらく0または1割に

 

減らす食事の事を言います。

 

植物性のもの、特に葉物野菜は消化不良の物を

 

お掃除する力があります。

 

そして、植物性の食品をより胃腸に優しいものにするのが

 

ダシを味付けの中心とする和食の煮物です。

 

胃腸の調子が良い時は旬の生野菜を食べても良いですが、

 

生野菜は胃腸を冷やしてしまいます。

 

スープや煮物で摂る事でお腹が温まり胃腸に優しいものになるのです!

 

 

 

最後に腹八分目ですが、具体的に腹八分目とは何でしょう?

 

3つのポイントを満たせれば腹八分目の状態と言えます。

 

①胃の膨満感がなく苦しくない事

 

➁体が重くならない事

 

➂食べた後眠くならない事

 

以上の3つになります。

 

胃腸の調子が悪いときは休ませてあげる為に

 

煮物、和食、腹八分目を思い出して下さい!

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談