Blog

ブログ「大慶堂通信」

にんじんは二種類ある?🥕

にんじんは大きく二種類分けられ、

普段食べてるのは”西洋型”なんです🥕

 

こんにちは

さんあい薬局の飯塚です(*’ω’*)

 

にんじんと言えば一年中出回っている

ポピュラーな野菜の一つですが

今の時期くらいが最も旬になるんです。

 

そして一般的に売られているのが

”西洋型”と言われていて

これよりも赤色の濃い

”アジア型”と二種類に分けられます。

 

アジア型のにんじんは

日本では金時にんじん、京にんじん

呼ばれています。

 

違いと言えば、赤い色味と

西洋ニンジンと比べ柔らかく甘味は強く、

ニンジン特有の臭いが少ないと言われ、

煮くずれもしにくいため煮物に向いており、

御節料理や粕汁などに用いられる事が多いようです。

赤い色味はリコピンによるものだそうです。

 

ただ、西洋にんじんに比べて

栽培が難しく独特の風味や

ぱさぱさ感があるので

生食には向いてないそう…(;´・ω・)

 

そして栄養価ですが

西洋にんじんの方がビタミンAが

多く含まれると言われています。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜を

強くする働きがある脂溶性ビタミンで、

植物性食品には、体内でビタミンAに

変換される「プロビタミンA」が含まれており、

αカロテン、βカロテン、βキサンチンが代表的です。

 

ビタミンAに変換されなかったプロビタミンAは

抗酸化成分として、体に過剰発生した活性酸素を

除去する働きをすると言われています。

 

西洋にんじんには、ビタミンAに変換される割合が高い

「βカロテン」が豊富に含まれています。

 

 

そしておすすめの食べ方ですが、

もし便秘が気になるなら

食物繊維たっぷりの

ごぼうとこんにゃくと一緒に

きんぴらごぼう✨

 

疲れや貧血が気になるなら

鉄が豊富な豚レバーとホウレン草

と一緒に野菜炒め🎵

 

なんていかがでしょうか?(*^^*)

是非お試し下さい~🌸

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談