Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。

5月5日の続きになります。

 

ただし、人間は動物にはない

脳を持っています。

理屈の脳とか、理性の脳とか呼ばれる脳です。

それを持つゆえ人間は

動物にできない思考や行動ができます。

でも、時にその進化の過程で獲得した

新しい脳があるために「考え過ぎ」て

本能に基ずく行動を邪魔してしまう

ことがあります。

本能的にはこうなんだけれども、

世間の常識は違うのではないかと

考えてしまう。

それが足枷になってしまう場合も

あるのです。

自分の体の声だけでは心もとないという

場合には手助けになるツールがあります。

病気の物差しのように病気をターゲットに

するのではなく、

あなたがどのくらい元気なのか?

どのくらい健康なのか?

どのくらい内臓がちゃんと働いてくれているのか?

ということを客観的に見る物差しです。

例えば、漢方医学の診断、波動分析、自己

防御力診断、分子整合栄養医学診断。

上記以外の方法もあると思いますが、

いずれも「人間には健康であろうとする

力が本来的に備わっている」という

健康感が通奏低音となっています。

要するに、「がん細胞にばかり目を向けて

いていいのか⁉」ということです。

今がんを患っているとしても、生きている

なら何で生きていられるのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、『がん以外の正常な細胞がちゃんと

働いてくれているから‼』ではありませんか。

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約