漢方相談、保険調剤、美容・エステの大慶堂グループが送る健康情報コラム

  • 大慶堂ホームページ
大慶堂の健康コラム 大慶堂の健康コラム

健康コラムTOP

男性にも更年期!?

 

更年期とは

 

女性の場合は40歳半ばを過ぎると卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少します。

そして、50歳前後で閉経を迎えますが、更年期とはこの閉経を迎えるころの前後5年ずつくらいのことを言います。

(だいたい45歳から55歳くらい)

 

質問:では、男性は更年期はないの?


答え:以前は男性には関係ないともいわれていましたが、最近では女性も男性も、「性ホルモン」が減ることで更年期障害になることが分かってきました。

しかし男性の場合は女性と違い閉経のような変化が無いために、分かりにくいのも事実です。

男性の場合は、男らしさを作っているテストステロンの分泌の減少で更年期障害の発症と密接な関係があります。

また運動不足やストレスなどの間接的な要因が加わることで発症することもあります。 

 

男性更年期障害の症状は

 

男性の更年期障害の症状は、体だけではなく心や性機能に起こります。

体の面では、関節痛や筋肉痛、汗がよく出たり、のぼせたような感じになったり、体が重 く疲れやすくなったり、肥満、頻尿などの症状が出ます。 

心の面では、やる気の低下や不安、イライラ、うつ、不眠などの症状が多いです。

これは、うつ病の症状ともよく似ています。 

性機能の面では、性欲や勃起力が低下するといった症状が起こります。 

このような症状が現れるのは、50 代からで一般的には 60 代からが多いです。

定年退職後に、急に症状が出るケースもあります。

 


男性更年期障害の対策 

 

症状が気になったらすぐに病院に行く。

男性更年期障害の相談は、男性更年期外来やメンズヘルス外来などで受け付けています。

 しかし、専門外来のある病院はまだ少ないのが現実です。

専門の外来がない場合はまずは心療内科か内科に行ってみましょう。

男性更年期外来やメンズヘルス外来などでは問診と血液検査が行われます。

問診では、体や心、性機能の面についても質問があります。

血液検査では、テストロテロンが減少しているかを調べられます。 

それにより、テストロテロンが少ない場合は注射で補充されます。

うつ症状などが出ている場合は、抗鬱剤などが処方されます。

勃起障害が出ている場合は、ED 治療薬が処方されます。  

男性の更年期障害があまり知られていないのに・・・病院に行くのは抵抗 があるという方も多いと思いますが、迷わず病院に行きましょう。

 

更年期障害にはミネラル補給が大事!?  

 

更年期障害の改善にミネラルがおすすめです。

ミネラルはカルシウムや亜鉛、銅やセレンが特に大事なのですが 、中でも亜鉛は秀逸でホルモンバランスを整えるだけではなく、うつ的な症状を緩和する働きがあります。 

例えば副腎皮質ホルモンの1種「コチゾール」は抗ストレス作用など生命維持に不可欠なホルモンですが、高ストレスにより大量に分泌された場合には「ホルモンバランスの乱れ」や免疫力が弱まったり、高血糖になったり、眠りにくくなったりします。

このコチゾールの抑制には亜鉛が効果的です。

亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれています。イライラや憂鬱などの症状がある人は、亜鉛を積極的に摂りましょう。

 

まとめ

 

予防としては普段から栄養バランスを整えた食事やサプリメント、リラックスできる環境作りや趣味、運動不足を解消するなど意識次第ではできることもあるので

しっかり対策しておくと少しでも安心です。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+
カテゴリー:

このサイトについて

埼玉県深谷市、本庄市で創業100年を超える老舗、大慶堂グループがお送りする “薬局発” の健康に関するさまざまなお役立ち情報をコラム形式でご紹介します。

漢方薬局、保険調剤、皮膚病相談、不妊相談、ダイエット、エステ、カルチャー、カフェなど、大慶堂グループ各分野のエキスパートが、それぞれの視点から、地域を始め全国のみなさまへ健康情報を発信いたします。