漢方相談、保険調剤、美容・エステの大慶堂グループが送る健康情報コラム

  • 大慶堂ホームページ
大慶堂の健康コラム 大慶堂の健康コラム

健康コラムTOP

中年太りの原因は・・・ズバリ!内臓脂肪です。

特に食べ過ぎているわけでもないのに、急に太り始めて悩んでいる中年の方が多いです 。

いわゆる中年太りは、基礎代謝量の低下が原因で起こる肥満なのです。 


基礎代謝量とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことです。

つまり呼吸をしたり、体温を保ったり、内臓を機能させたりと生きていく上で必要な エネルギーのことなのです。

呼吸も体温も内臓も24 時間稼働しているので、基礎代謝は休みなしで頑張っています。 

 

中年太りになる理由 と健康に与える影響

40 代くらいから基礎代謝量は筋力の低下でダウンし、筋肉は 一気に減っていきます。

特に意識して運動していかないと筋肉が落ちるのが早いので、中年太りが始まるのはこの頃からなのです。 

筋力低下と基礎代謝量がダウンするほど、太りやすくなります。  

 

・健康に与える影響

内臓脂肪とは、その名の通り内臓につく脂肪のことです。

内臓脂肪太りは特に男性に多く、ひどくなると健康に与える影響が高くなります。

例えば、心筋梗塞や脳卒中、痛風やガンなどの病気です。 

 

これは内臓脂肪から作られる物質のせいで脂質や血糖、血圧などが上がるからなのです。

最初のうちは、動脈硬化や高血圧といった症状で、そこから心筋梗塞などに発展する ことも多いのです。

 

 中年太り解消法 

中年太りの解消は、食事制限と運動がおすすめです。

 

食事制限や運動のハードルを低くして、目標もゆるめに立てる!これを長く続けていくとうまく解消できます。

目安としては、半年で-5%くらいの体脂肪、今の体重より半年で-5%くらい落とすくらい がベストです。

それ以上になると…辛くて続けられないか、筋肉まで落ちて基礎代謝がさらにダウンす るので逆効果です。 

 


運動は、体に負担をかけずに筋肉をつけていけるメニューがおすすめ。

急にハードな運動をすると、体重で膝を痛めたり、下半身に負担がかかってしまいます。 

 


そこでおすすめしたいのは、水泳や水中エアロビクス、ウォーキングなどです。

水泳や水中エアロビクスなどの水中運動は、水圧や水の抵抗があるのに浮力もあるので、 負担なく筋肉をつけられます。

ウォーキングも、膝や腰などに負担があまりないのでおすすめです。

目安ですが、いつもより 2000 歩多く歩くだけでも、だいたい 80kcal 消費できます。 

 


食事は、ちょっとした工夫でカロリーを減らすのがポイントです。

できるだけ、ローカロリーな食品に変換することも大切です。 

 


ドレッシングはノンオイルにするだけで、約 50kcal も減らせます。

コーヒーも砂糖やクリームを入れないだけで -30kcal です。

アイスではなくシャーベットやかき氷を食べたり、腹八分目の食事にしていくだけでも、 少しずつですが減量できます。 

 

まとめ

中年太りって意識があまりない方が多いようです。

実は筆者も「中年太りってほどではないよ」と思っていました。

しかし、健康診断後に健保協会の指導員さんから、今は良いけど…このままでは大変なことになるかも!と説明を受けました。

「はい。しっかり中年太りでした」

それ以降はゆるい目標を立て少しずつ運動しています。食事も脂っこいものをなるべくさけたり、ラーメンやソバの汁を飲み干さないなど気をつけるようにしています。

これだけで、かなり違うそうです。

このように、プチダイエット的な方法で実践すれば、少しずつ中年太りは解消されるのです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+
カテゴリー:

このサイトについて

埼玉県深谷市、本庄市で創業100年を超える老舗、大慶堂グループがお送りする “薬局発” の健康に関するさまざまなお役立ち情報をコラム形式でご紹介します。

漢方薬局、保険調剤、皮膚病相談、不妊相談、ダイエット、エステ、カルチャー、カフェなど、大慶堂グループ各分野のエキスパートが、それぞれの視点から、地域を始め全国のみなさまへ健康情報を発信いたします。